おみやげに迷ったら…





観光スポット


櫛田神社 757年に創建された博多の総鎮守。毎年7月1日から15日まで行われる博多祇園山笠において、そのフィナーレとなる15日早朝の「追い山笠」は、この櫛田入りからスタートする。敷地内には博多歴史館もある。
地図はこちら→
博多町屋ふるさと館 明治中期に博多織の織元が建てた町家を1995年に移築復元した博多の観光施設。博多の祭りや暮らしの解説展示コーナー、博多織の職人による伝統工芸の実演コーナーなどがあり、博多の伝統文化をわかりやすく紹介している。
はかた伝統工芸館 博多織」「博多人形」をはじめ、福岡・博多に縁のある伝統工芸品の展示、紹介、情報提供を行っている福岡市の施設。歴史と伝統に培われてきた職人技と優れた作品を鑑賞できる。
筑前国一之宮 住吉神社 全国に2129社ある住吉神社の最初の神社。古書に「日本第一住吉宮」「住吉本社」等とあり、御本殿は国重要文化財に指定されている。
楽水園 住吉神社の北側に位置する、博多塀に囲まれた茶室棟・茶庭・池泉回遊式の日本庭園。


博多のお土産

明月堂
「博多とおりもん」
「博多通りもん」は博多のテッパン土産!しっとりした皮となめらかな餡が抜群に美味しい
ひよこ本舗吉野堂
「ひよこ」
東京でもおなじみの「ひよ子」ですが、大正元年に福岡県飯塚市で生まれたお菓子
ロイヤル
「スイートポテト」
福岡空港で第一便が飛んだ1951年に誕生した「スイートポテト」。ブームの火付け役はCAさん達
さかえ屋
「なんばん往来」
アーモンド生地とパイ生地にジャム。絶対美味しい組み合わせが人気
石村萬盛堂
「鶴乃子」
100年以上愛されている銘菓「鶴乃子」。マシュマロの中に入ってる黄身餡が美味しい
フランス菓子16区
「ダックワーズ」
実はこのダックワーズと呼ばれるお菓子、16区のオーナーシェフ三嶋隆夫氏がフランスのパリで考案したスイーツ